査定について

所有されている不動産のご査定を行います

  まずは、ご査定・ご売却の前に、出来る範囲で、決めておく事・調べておく事・知っておく事・探しておく事4つの事の準備をして下さい。準備が整えば、ご査定〜売却活動〜売却後スムーズで具体的な計画が立てられるはずです。
  ご相談の内容により、当社顧問弁護士・司法書士・土地家屋調査士・税理士・測量士等をふまえてお手伝いをさせて戴きます。お気軽にご相談下さい。

決めておく事 ・何時までに売らなければならないのか
・売却後の売却資金計画
調べておく事 ・その不動産の所有期間(居住期間)
・借入れがあれば借入れ金額
・固定資産税・都市計画税(税額)
・保有不動産の購入時の価格
・権利関係及び土地面積・建物面積・築年月
・増築を行っている場合は、増築面積・その年月日・増築登記の有無
知っておく事 ・売却の際に税金がかかるかどうか
・売却の際の経費
探しておく事 ・所有不動産の購入時の契約書・領収証・図面・パンフレット
・測量を行っている場合は、測量書類一式
・マンションの場合は、管理規約・使用細則・総会の議事録
・勿論 権利書の確認

上記は下記査定の内(3)を行う場合により具体的に売却活動を行う際に、確認事項となります。別に
まだ具体的では無いと言うお客様のご要望に応じて弊社では、下記の(1)(2)の査定もご用意しています。

(1)クイック査定

  メール又はご連絡の後、近隣相場から勘案しておおよその価格(相場)をお伝えする方 法です。お電話による査定となります。尚、実査定後に誤差が生じる可能性があります。

(2)簡易査定

  近隣の売出事例・成約事例を参考に机上にて売却予想価格を出す方法です。但し、実査定後に誤差が生じる可能性があります

(3)往訪査定

  物件を確認の上、法務局・役所等の調査を行いより正確な実勢価格を算出する方法です。
権利関係の把握・法令上の制限・地域特性・道路接道情況などの確認の上、ご査定を行います。

上記の査定価格については、買取の価格ではありません。一般的に買取は、短期間にて不動産を
資金化する目的で行う為、実勢取引価格より低いものとなります。買取価格の算出をご希望の方は、
その旨をお伝え下さい。

▲ページのトップへ